治療と手術

ホーム > 治療と手術 > 白内障・眼内レンズ手術:医新会グループの白内障手術

白内障・眼内レンズ手術

  • 手術に痛みはありません
  • 最新鋭・白内障手術
  • 多焦点眼内レンズを用いたプレミアム白内障手術
  • FLACS(レーザー白内障手術)
  • 手術後に満足いただくための徹底した検査

痛みを感じさせない工夫

白内障手術は局所麻酔で手術をおこないます。通常は麻酔時の痛みを伴う注射の麻酔ではなく、鎮痛効果の高い点眼麻酔で手術をおこないます。麻酔をおこなっても“痛み”を感じられる場合は前房内麻酔・テノン嚢下麻酔といった強めの麻酔をおこなうなど、当グループの各施設で痛みを感じにくくするための様々な工夫をしています。

医新会グループでは新たな取り組みとして、ご希望の方には低濃度笑気ガス麻酔を併用しています。低濃度笑気ガス麻酔は意識はなくならず会話もできますが、程よく力が抜けてリラックスできる状態になります。ガスを止めるとすぐに麻酔効果がなくなります。虫歯治療などで子どもにも使用される安全な麻酔方法です。

まだ全国でも低濃度笑気ガス麻酔が可能な眼科施設はごく少数ですが、"手術が怖い"、"痛いのが不安"という方にお勧めの麻酔方法です。

多焦点眼内レンズ(老眼治療)

一般的に白内障手術で用いられている単焦点眼内レンズはピントがあう範囲が狭いため、見る対象物の距離によって眼鏡を併用していただく必要がありますが、多焦点眼内レンズを挿入することで、近くも遠くもピントが合いやすくなり、老眼の不自由さも同時に克服することが可能になります。以前の多焦点眼内レンズでは、ハロー・グレア現象で眩しさを感じたり、コントラストが落ちたりといったデメリットがありましたが、近年では様々なタイプの多焦点眼内レンズが開発・改良されており、それぞれに利点・欠点があります。

当グループでは、海外製を含めて多種多様な多焦点眼内レンズの中から、それぞれのメリット・デメリットを熟知した医師により、患者さまの目の特性やニーズにあわせた選択をおこないます。

多焦点眼内レンズ(老眼治療)

≫ 多焦点眼内レンズの詳細を見る

FLACS(レーザー白内障手術)

FLACS(femto laser assisted cataract surgery)とは、フェムトセカンドレーザー白内障手術装置を使用した最新鋭の白内障手術です。

当グループではよりFLACSの精度をさらに上げるための総合システム「Alcon Cataract Refractive Suite with VerifEye Lynk™」を新見眼科に関西地区で初めて導入しました。最新テクノロジーにより、どのような名医よりもミクロン単位の繊細で高精度な手術を実現するシステムです。

FLACS レーザー白内障手術

Alcon Cataract Refractive Suite™としては国内6番目、Verion™とORA™が一体型となった新型VerifEye Lynk™としては国内4番目、レーザー白内障手術装置 LenSx®はグレードアップされ新色カラーとなった最新型の国内認可第1号機となります。

FLACSは自費診療で高額な手術費用が必要ですが、より安全でより良い結果を求める方のためのプレミアムな白内障手術です。

※FLACSは新見眼科での施行となります。
※厚生労働省認可の多焦点眼内レンズを挿入する場合は先進医療特約給付が利用できます。

≫ FLACS レーザー白内障手術の詳細を見る

難症例・合併症対応

医新会グループでは各分野に精通する経験豊富な執刀医陣と最新設備により、小瞳孔・チン氏帯脆弱といった難易度の高い白内障手術、黄斑前膜(網膜前膜)、糖尿病性網膜症、硝子体出血といった網膜硝子体疾患との同時手術、緑内障との同時手術など、合併症を有する方の白内障手術にも対応可能です。

網膜硝子体との同時手術

※ 新見眼科、フタバ眼科、なかにし眼科クリニックで対応

黄斑前膜(網膜前膜)、糖尿病性網膜症、硝子体出血といった網膜硝子体疾患に対応するため、CONSTELLATION®Vision Systemによる25G&27G硝子体手術システムをいち早く導入しています。

特に医新会グループ最大規模の「なかにし眼科クリニック」には全国に先駆けてNGENUITY 3D ビジュアルシステムをいち早く導入しました。

緑内障との同時手術

※ 全施設で対応

医新会全グループではトラベクトームを全国に先駆けて導入し、トラベクトームによる白内障と緑内障の同時手術を数多くおこなっています。

さらに負担が少なくリスクの少ない安全な手術方法を目指して手技に工夫を重ね、その良好な成績を国内主要学会のみならず国際学会等でも発表しています。

トラベクトーム手術は合併症のリスクが少なく、白内障との同時手術に適した患者さまにも負担の少ない安全な術式ですが、緑内障のタイプや病状によっては別の手術方法を選択します。医新会グループでは様々な術式の緑内障手術に対応しています。

≫ 詳細を見る


AsiaARVO 2017 (Brisben)にて新見浩司医師

≫ 講演・学会発表
≫ 学術論文・専門誌コラム
≫ 書籍・メディア掲載

両眼同日手術

ご希望の患者さまには両眼の同日手術に対応しています。
手術の技術進歩により、片眼ずつでも両眼同時でも治療成績やリスクの差が無いという臨床報告※が出され、両眼の同日手術をおこなう施設も増えてきています。 片眼ずつ白内障手術をする場合と比べ、両眼を同日に行うことで患者さまの手間や時間が大幅に削減され、患者様の負担軽減する事に大きく寄与できます。

Immediate Sequential vs. Delayed Sequential Bilateral Cataract Surgery

※術後の視力回復に時間がかかることが予想される症例など、医師の判断で両眼同日手術をお断りする場合もありますので、ご了承ください。詳しくは診察時に担当医師にお尋ねください。

週末手術

新見眼科では金曜午後、レイ眼科クリニックでは土曜午後の手術枠を用意しています。
週末を利用して手術を受けられるため、平日にお仕事をされておられる方などに好評です。

※お仕事復帰のタイミングについては仕事内容や病状の個人差もあるため、事前に医師とご相談ください。

タッチアップ&アドオンレンズ

タッチアップ及びアドオンレンズはより良い見え方を追求するために白内障手術後に目の度数を調整するための手段です。タッチアップは理想的な術後度数と少しズレがある場合の微調整に有利な方法です。 当グループでは兵庫県下で唯一「フェムトセカンドレーザー&エキシマレーザーでのタッチアップ」が可能な設備をレイ眼科クリニックに配備しています。

≫ レーシックの詳細を見る

アドオンレンズは「眼内レンズの入れ替えによる度数調整が困難なケース」にも対応できる手段です。アドオンレンズによる度数調整は全施設で対応可能です。

≫ アドオンレンズの詳細を見る

度数調整にタッチアップとアドオンレンズのどちらが良いかは目の状態によりますので詳しくは担当医とご相談ください。    

最新鋭 白内障手術

対応可能な施設

担当医


  • 新見浩司 医師

  • 春藤 真一郎 医師

  • 松本 玲 医師

  • 中西 頼子 医師

  • 阿部 英樹 医師

  • 田代 淳 医師

  • 田淵 園美 医師