治療と手術

ホーム > 治療と手術 > 白内障・眼内レンズ手術 > 眼内レンズの種類と費用

白内障・眼内レンズ手術

眼内レンズの種類と費用

眼内レンズは若い人の水晶体のように厚くなったり薄くなったりしてピントを調節する力がありません。老眼が進んだ状態と同じで「ピントのあう幅がせまい」ため、どの距離もハッキリみえるというわけではなく、「ピントのあわない距離をみる場合は眼鏡を使う」必要があります。

眼内レンズには大きく分けて「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」があります。患者さんの求めるライフスタイルとそれぞれの眼内レンズの特性をふまえて、眼内レンズの種類を決定します。

単焦点眼内レンズ

一般的に使用されるのは単焦点眼内レンズです。
どの距離にピントをあわせた目にするかを術前検査で眼内レンズの度数を決定します。

白内障の治療

通常は「ピントを遠方(無限遠)~中間距離(2~3m)に合わせた」眼内レンズを挿入して、術後に老眼鏡を使っていただく場合が多いですが、左右のバランス、手術前の度数、御本人の御希望、職業上の理由などにより、「ピントを近く(30~40cm)、もしくは中間距離(50cm~1.5m)に合わせた」眼内レンズを挿入する場合もあります。ピントを近くにあわせた場合は「普段は眼鏡をかけ、手元を見るときは外す」ということになります。乱視の強い方は遠用と近用の眼鏡を使いわけていただく必要があります。

世帯収入や年齢により上限や還付があります。(例:後期高齢者 一般の方 上限 月額14000円)
≫ 詳しくはこちら(全国健康保険協会・高額療養費制度)

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは、「なるべくメガネをかけずに」より快適な生活ができることを目指して開発されました。 平成19年に厚生労働省の承認を得て、その後にも様々な多焦点眼内レンズが登場しています。

当グループの各院はそれぞれが厚生労働省より先進医療実施施設に認定されているため、先進医療保険給付対象となる多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を受けていただくことができます。

多焦点眼内レンズは、遠方と近方の広範囲にピントが合う反面、単焦点眼内レンズに比べるとピントが甘い、夜間に車の対向車などのライトがにじんで見えたりする(グレアハロー)などの欠点がありましたが、最近ではこれらの欠点を補う累進焦点眼内レンズも登場しています。

ただし多焦点眼内レンズは必ずしも全ての人にあうわけではありません。
保険がきかないため、手術費用は自費となるため、単焦点眼内レンズと比べるとかなり高額になります。自分のライフスタイルにあった特性の眼内レンズを選択できるように医師やスタッフとよくご相談ください。

多焦点眼内レンズの見え方

当グループで主に使用している多焦点眼内レンズ・累進(拡張)焦点眼内レンズ

種類 テクニスマルチ テクニスマルチ テクニスシンフォニーテクニスシンフォニー レンティスMplus レンティスMplus ファインビジョン ファインビジョン ミニウェル ミニウェル
構造 2焦点回折型 エシュレット回折型 分節屈折型 3焦点回折型 累進焦点
特徴 現在、日本国内で最も普及している多焦点眼内レンズ。 近方焦点が33cm・42cm・50cm の3タイプがある。 エシェレット回折型による焦点拡張。遠方から中間までの見え方の質がよい。 回折型に比べて暗所での光の滲みが少ない。乱視眼にはオーダーメイド制作での対応が可能。 遠方・近方だけでなく中間距離も見やすい。欧州での使用実績が多い。 球面収差を利用した累進焦点設計。他のレンズに比べてハローグレアが少ない。自然な質のよい見え方。
ピント 2焦点 遠・近
(∞・50cm)
(∞・42cm)
(∞・33cm)
焦点拡張 遠~中
(∞~50cm)
2焦点 遠・近
(∞・40cm)
3焦点 遠・中・近
(∞・65・40cm)
焦点拡張 遠~近
(∞~40cm)
ハロー・グレア あり あり やや少ない あり 少ない
暗所コントラスト感度
乱視矯正
先進医療特約給付金 × × ×
手術費用
(税込)
片眼35万円
※1
片眼35万円
※1
片眼45万円
※2
片眼45万円
※2
片眼45万円
※2

FLACS(レーザー白内障手術)の場合 ※FLACSは新見眼科での施行となります。≫ 詳細を見る

先進医療給付金
(税込)
× × ×
手術費用
(税込)
片眼50万円
※1
片眼50万円
※1
片眼60万円
※2
片眼60万円
※2
片眼60万円
※2

テクニスマルチ

テクニスマルチ
構造
2焦点回折型
特徴
現在、日本国内で最も普及している多焦点眼内レンズ。近方焦点が33cm・42cm・50cm の3タイプがある。
ピント
2焦点 遠・近
(∞・50cm)
(∞・42cm)
(∞・33cm)
ハロー・グレア
あり
暗所コントラスト感度
乱視矯正
先進医療特約給付金
手術費用
片眼35万円 ※1
FLACS (レーザー白内障手術) の場合 ※新見眼科での施行
片眼50万円 ※1

テクニスシンフォニー

テクニスシンフォニー
構造
エシュレット回折型
特徴
エシェレット回折型による焦点拡張。遠方から中間までの見え方の質がよい。
ピント
焦点拡大 遠~中
(∞~50cm)
ハロー・グレア
あり
暗所コントラスト感度
乱視矯正
先進医療特約給付金
手術費用
片眼35万円 ※1
FLACS (レーザー白内障手術) の場合 ※新見眼科での施行
片眼50万円 ※1

レンティスMplus

レンティスMplus
構造
分節屈折型
特徴
回折型に比べて暗所での光の滲みが少ない。乱視眼にはオーダーメイド制作での対応が可能。
ピント
2焦点 遠・近
(∞・40cm)
ハロー・グレア
やや少ない
暗所コントラスト感度
乱視矯正
先進医療特約給付金
×
手術費用
片眼45万円 ※2
FLACS (レーザー白内障手術) の場合 ※新見眼科での施行
片眼60万円 ※2

ファインビジョン

ファインビジョン
構造
3焦点回折型
特徴
遠方・近方だけでなく中間距離も見やすい。欧州での使用実績が多い。
ピント
3焦点 遠・中・近
(∞・65・40cm)
ハロー・グレア
あり
暗所コントラスト感度
乱視矯正
先進医療特約給付金
×
手術費
45万円 ※2
FLACS (レーザー白内障手術) の場合 ※新見眼科での施行
片眼60万円 ※2

ミニウェル

ミニウェル
構造
累進焦点
特徴
球面収差を利用した累進焦点設計。他のレンズに比べてハローグレアが少ない。自然な質のよい見え方。
ピント
焦点拡大 遠~近
(∞~40cm)
ハロー・グレア
少ない
暗所コントラスト感度
乱視矯正
先進医療特約給付金
×
手術費用
片眼45万円 ※2
FLACS (レーザー白内障手術) の場合 ※新見眼科での施行
片眼60万円 ※2

※1 先進医療の対象となるため、手術費用は自己負担ですが、検査・薬剤料等は健康保険適応となります。

※2 先進医療対象外となるため、全額自費診療(手術後1ヶ月の診察・検査・投薬料含む)となります。

多焦点レンズの見え方

ハロー・グレア現象について

多焦点眼内レンズでは単焦点眼内レンズに比べて、夜間の運転で車のライトが反射したりにじんで見えたりするグレア・ハロー現象が出やすくなります。特に回折型2焦点の多焦点眼内レンズでは強くでやすい傾向があります。

唯一、累進屈折型のミニウェルではグレア・ハロー現象がほとんどなく、単焦点眼内レンズと遜色ない良好な暗所コントラスト感度があり、夜間運転の多い方にもお勧めできます。

ハログレアシュミレーターによる術後自覚症状のイメージ比較(※個人差があります)

  • 単焦点眼内レンズ(ZCB00)

  • テクニスマルチ

  • テクニスシンフォニー

  • レンティスMplus

  • ファインビジョン

  • ミニウェル

※情報提供:ツカザキ病院 眼科 野口三太朗先生

多焦点眼内レンズの種類と特徴

レンズの種類により、光学的な特性の違いで見え方の質に特徴があります。

テクニスマルチ

2焦点の回折型多焦点眼内レンズです。回折型構造による光量のロスは20%で、光量配分は遠方40%と手元40%です。瞳孔の大きさの影響を受けませんので、暗所でも手元が比較的見やすいですが、夜間運転時のハロー・グレア現象があります。
手元のピントの距離が33cm, 42cm, 50cmの3種類あり、個々のライフスタイルによって使い分けます。国内で最も実績のあるレンズです。先進医療特約が使えることもあり、現在も日本国内で最も多く使用されています。

33cm (+4.0D)42cm (+3.25D) 50cm (+2.75D)
テクニスマルチテクニスマルチテクニスマルチ
テクニスシンフォニー

テクニスマルチの新しいシリーズとして追加されたエシェレット回折型の焦点拡張型の光学設計をもつ多焦点眼内レンズです。手元まではピントが合いにくいものの、遠方から中間までは落ち込みなく、より自然な見え方になります。
テクニスマルチ2焦点回折型に比べてコントラスト感度の低下が少なく、夜間運転時のハロー・グレアが少し抑えられていますが、その反面、手元はテクニスマルチ42cmタイプ、33cmタイプに比べて見えにくくなるので、読書等は老眼鏡を使用したほうが見やすくなります。このレンズは先進医療特約が使用できます。

テクニスシンフォニー

  • テクニスシンフォニー
  • テクニスシンフォニー
レンティスMplus

分節型多焦点眼内レンズで、遠方と手元の2箇所にピントが合います。
光量のロスが5%と少なく、光量配分は遠方が55%で近方が40%になっています。 回折型に比べて暗所でのコントラスト感度が高く、見え方の質が良いのが特徴ですが、手元の見え方はやや弱いです。通常の50倍の精度でレンズを1枚づつオーダーメイドで作るため矯正精度が高く、他の多焦点眼内レンズで対応でききない乱視や強度近視の方にも適応となる場合があります。

レンティスMplus

レンティスMplus

ファインビジョン

3焦点の回折型多焦点眼内レンズです。遠方(∞・5m)・中間(65cm)・手前(40cm)の3箇所にピントを配分しています。光量のロスは14%で、光量配分は、遠方40%、中間15%、手元30%です。
乱視矯正も可能で、遠方から手元まで落ち込みが少なく、よく見えるレンズです。瞳孔径の影響も受けにくく満足度の高いレンズですが、夜間の運転時にハロー・グレアがあります。

  • ファインビジョン
  • ファインビジョン
ミニウェル

世界で最初に開発されたプログレッシブ(累進焦点)眼内レンズです。
球面収差を利用して遠方・中間・近方までスムーズな見え方を実現しており、従来の屈折型や回折型多焦点眼内レンズに比べ、コントラスト感度の高い質の見え方が得られます。

特に暗所でのハロー・グレアがほぼないため、夜間運転が必要な方や暗いところでの作業が多い方に適しています。 遠方から40~50cmぐらいまでギャップのない自然な見え方で、姿勢を良くした状態でのパソコン作業やデスクワークはよく見えますが、それより手元側の20~30cmになるとピントが合いにくくなります。元々が近視で読書などでかなり近づけて見る癖のあった方は、姿勢をよくしてやや離し気味に見てもらうか、必要に応じて度数のゆるい老眼鏡を使っていただくと良いでしょう。

ミニウェル
ミニウェル挿入後、1週間の夜間の見え方のイメージ

ミニウェル

ミニウェル

最新鋭 白内障手術

対応可能な施設

担当医


  • 新見浩司 医師

  • 春藤 真一郎 医師

  • 松本 玲 医師

  • 中西 頼子 医師

  • 阿部 英樹 医師

  • 田代 淳 医師

  • 田淵 園美 医師