治療と手術

ホーム > 治療と手術 > 抗VEGF薬硝子体内注射

抗VEGF薬硝子体内注射

治療方法

抗VEGF薬を眼内に直接注射することにより、新生血管の増殖や成長を抑制する治療法です。
現在、ルセンティス(ラニビズマブ)とマクジェン(ペガプタニブ)以外に、アイリーア(アフリベルセプト)が新たに開発され、3種類の薬がこの治療法に使える薬として、厚生労働省より認可を受けています。
当院では、症状の程度や状態により、3種類のお薬を使い分けています。

抗VEGF薬硝子体内注射

抗VEGF薬硝子体内注射

費用

アイリーア、ルセンティスおよびマクジェンによる”抗VEGF薬硝子体内注射”での治療は、健康保険適応になります。

アイリーアの場合
注射1回につき
【3割負担の方】44,552円 【1割負担の方】14,841円
通常の場合、まず4週間おきに3回注射をおこない、効果をみて継続するか中止するかを医師が判定します。
ルセンティスの場合
注射1回につき
【3割負担の方】49,073円 【1割負担の方】16,358円
通常の場合、まず4週間おきに3回注射をおこない、効果をみて継続するか中止するかを医師が判定します。
マクジェンの場合
注射1回につき
【3割負担の方】34,898円 【1割負担の方】11,663円
通常の場合、まず6週間おきに3回注射をおこない(1年に最大9回まで)、効果をみて継続するか中止するかを医師が判定します。

対応可能な施設

担当医


  • 新見浩司 医師

  • 春藤 真一郎 医師

  • 松本 玲 医師

  • 中西 頼子 医師

  • 田代 淳 医師