治療と手術

ホーム > 治療と手術 > 白内障・眼内レンズ手術 > FLACS レーザー白内障手術

FLACS レーザー白内障手術

FLACS(レーザー白内障手術)とは

FLACS(femto laser assisted cataract surgery)とは、フェムトセカンドレーザーによる白内障手術です。従来は術者の技量に委ねられていた前嚢切開(水晶体嚢に円形の窓を作る)、水晶体の核の分割、角膜の創口作成、乱視矯正角膜切開といった過程をミクロン単位の非常に精密な精度でおこないます。

これらの過程は白内障手術後の「裸眼視力を左右する屈折矯正の精度」を上げるために特に重要な部分ですが、FLACSにより熟練した術者以上に非常に緻密な手術が可能で、特に多焦点眼内レンズの効果を最大限引き出すことが期待できる技術です。

FLACSレーザー 白内障手術

最新鋭白内障手術システム
Alcon Cataract Refractive Suite with VerifEye Lynk™

FLACS をより高度に最大限効果を発揮させる為に開発されたシステムが Alcon Cataract Refractive Suite™です。

当グループでは同システムの最新型 Alcon Cataract Refractive Suite with VerifEye Lynk™を新見眼科に導入しました。Alcon Cataract Refractive Suiteとしては国内6番目、VerifEye Lynk™は関西地区初導入(国内4番目)です。

レーザー白内障手術システム FLACS

このシステムを用いた場合、FLACSをアシストする術前の精密計測と手術計画(Verion™)、レーザー白内障手術装置による切開・核分割(LenSx®)、水晶体皮質除去および前房洗浄(Centurion®)、大規模データベースとリンクした術中リアルタイムデータ計測による眼内レンズ度数選択およびレンズ挿入直後の術中計測確認(ORA™ with Verifeye Lynk™)をトータルでおこなうことが可能で、その人にとって最も理想的な屈折状態(近視・遠視・乱視が少なくなるようにする)をより高い精度で目指すことが可能になります。

特に多焦点レンズでの見え方は手術後に残存する屈折ずれに大きく左右されるため、このシステムの有無が大きな力を発揮します。より良い結果を得たい方のためのプレミアム白内障手術システムです。

従来の白内障手術最新鋭白内障手術システム
Alcon Cataract Refractive Suite
with VerifEye Lynk™

従来の白内障手術

  • すべての過程を医師の手でおこなう。切開位置、方向、幅などの正確性は術者の勘や技量により左右される
  • 術中に屈折状態をチェックする方法がないため、眼内レンズは術前データから術者の経験や勘で選択

  • ×難易度の高い過程を手でおこなうことによるリスク。術者の技量で差がでる。
  • ×レンズの中心がずれやすく、多焦点眼内レンズの見え方が低下することがある。
  • ×術後の屈折ズレ、乱視のコントロールはいまいち
  • 手術費用は健康保険適応

最新鋭白内障手術
Alcon Cataract Refractive Suite
with VerifEye Lynk™

  • 術中デジタルイメージガイドと、リスクの高い過程をレーザーがおこなうことでミクロン単位の精度の高い手術が可能
  • 術前データだけでなく、術中に屈折状態を計測し、世界中から集められたデータベースの分析結果を元にAIが最適なレンズ度数を提示

  • 難易度の高い過程をレーザーで器械が成業することにより正確で安全性が高い
  • 熟練した医師よりも切開がはるかに正確であるため、屈折ズレが少なくなる。
  • 多焦点眼内レンズの効果を最大限に引き出すことができる
  • ×手術費用は健康保険適応外で高額
最新鋭白内障手術システムのメリット
最新鋭白内障手術システムのメリット=術後に良い結果が得られやすい
  • 手術の正確性・安全性が格段に上昇
  • 術後の屈折(遠視・近視・乱視)のコントロールが良い
  • 多焦点眼内レンズとの相性が良い
  • 眼に対する負担が少ない

最新鋭白内障手術システムのメリット=術後に良い結果が得られやすい

LenSx®(レーザー白内障手術装置)

LenSx(レーザー白内障手術装置)

フェムトセカンドレーザーと呼ばれる1000兆分の1秒のレーザー照射により、メスを使わずに人間では不可能なミクロン単位レベルの切開を正確に短時間で安全に行う装置です。

当院に導入されたLenSx®は外装がAlcon Cataract Refractive Suite™統一カラーでアップグレードされた最新型の国内認可第1号機です。前嚢切開に要する時間は従来の半分に短縮され、角膜切開の位置決めも隅角まで観察でき老人環も確認できるようになっています。

Verion™ image guided system(デジタルマーカー)

Verion image guided system(デジタルマーカー)

目の形を解析し、最適な切開部位や乱視の軸などを顕微鏡内に投影して手術中にガイドするシステムです。レーザー白内障手術装置LenSx™を使用する場合は、Verion™のデータを共有することで、さらに精度の高い手術が可能となりなす。特に乱視がある場合にはVerion™のデータをもとに乱視を軽減する角膜減張切開をLenSx™により白内障手術と同時におこなうことができます。

ORA™ with VerifEye Lynk™(術中波面センサー)

ORA with VerifEye Lynk(術中波面センサー)

白内障手術では術前のデータから眼内レンズの度数を決めますが、手術により眼の状態が変化するため術後に良い結果が得られないこともありました。

ORA™は手術中に混濁した水晶体を除去したあとの眼の状態を分析し、そのデータと世界中から集められたデータベースの結果を元に最適な眼内レンズを提案します。より患者さんにあった眼内レンズを選択でき、ORA™を使用することで、より良い結果が得られやすくなります。

LuxOR™ LX3(手術用顕微鏡)

LuxOR LX3(手術用顕微鏡)

Alcon Cataract Refractive Suiteとの連携を前提に開発された顕微鏡で、VERION™やORA™ systemとの相性が抜群です。これらのシステムと連携することで、ただの白内障手術から屈折矯正を意識したより高度な白内障手術をすることが可能になります。

FLACS実施施設

担当医

  • 新見浩司医師
    新見浩司 医師
  • 春藤 真一郎医師
    春藤 真一郎 医師
  • 松本 玲医師
    松本 玲 医師
  • 阿部 英樹医師
    阿部 英樹 医師

  • 田代 淳 医師